インテリア

心が朗らかになる自然素材の家を作る|理想の家の為に基本をマスター

しっかり計画を

住宅模型

注文住宅を建てるにあたって資金計画をしっかり練っておくことが必要です。様々な用途で費用が発生するため、ハウスメーカーから施工前にしっかり話をしてもらうことが大切といえます。

Read More

中古の住宅探し

住宅

岡山は色々な魅力があるところで、居住する人も増えています。実際この街に住むという際には押えておきたいのが中古一戸建ての魅力でしょう。古い物件でも住みやすい所は沢山あります。

Read More

新築の魅力

室内

新築で住居を購入するということは、多くの人の憧れでもあり、ある一種のステータスともいえます。全てが誰でも使っていない状態なので、快適に生活を送ることが出来るでしょう。

Read More

質感を重視する

つみき

内装材は一戸建ての目に見える大部分に使用されます。直に手足が触れるものなので、色だけでなく質感や感触もよく考えて選ぶのが基本です。一戸建ての内装材を選ぶ時は、必ず実物を自分の目で確認するようにしましょう。千葉の不動産会社が公開しているショールームなどで実物を確認する時は、小さな断片ではなく、できる限り大きなサンプルを見せてもらうことです。大きなサンプルを見ておけば、イメージと実物とのズレが少なくなります。また、内装材は新建材と自然素材とに大きく分けられます。それぞれに特徴があるので、よく理解したうえで選びましょう。

千葉では自然素材の家の内装材に自然由来のものを使用することが多くなってきています。かつて、一戸建ての内装材は新建材が使用されることがほとんどでした。今でも新建材を使用している一戸建てはたくさんありますが、自然素材が見直されるようになってきています。しかし、自然素材の家の内装材は新建材と比べると価格が高いです。家全体に自然素材を使うとなると、予算をオーバーしてしまう可能性が高くなります。ですから、家族が集まるリビングやダイニングは自然素材を使用し、水まわりは新建材を使用すると言う風にしましょう。場所によって自然素材と新建材を使い分けることで、家全体に自然素材を使用するよりも格段にコストは抑えられます。